.fatale

Blog

“面白がり屋”のブロガーたちが、今日も「つれづれなるままに……」。

blogger photo

blogger name

PROFILE

藤原ヒロシ

CALENDAR

Index

ブルックリンを歩く

開発が続き、どんどんにぎやかになってるブルックリンですが、
まだまだ、こういう雰囲気も沢山残ってる。
涼しくなる時間帯の散歩は気持ちいい。

L1068776.jpg

L1068778.jpg

L1068775.jpg

動物鞄

VIVIENNEのBAGが面白い。
猫?豹?ライオン?
なんだかわからないけど、そういう動物の顔をしたバッグ。
スクリーンショット 2014-07-18 14.59.26.png

スクリーンショット 2014-07-18 14.59.39.png

アニマル柄は前からあったんですが、このフェルトのような生地が良いな、
と思って買ってみた。(あ、まだ支払いしてない、、)

立体的で面白い。

牙もあります。
スクリーンショット 2014-07-18 14.58.46.png

裏地はアナーキーシャツの名残。
スクリーンショット 2014-07-18 14.59.06.png


https://www.viviennewestwood.com

thanks to :http://www.revolution-jp.com

『 原宿とカルチャーと人と 』

スクリーンショット 2014-07-18 0.50.06.png

『 原宿とカルチャーと人と 』
 世界的にも希有な文化源を
  地域性、ムーブメント、そして人から紐解く

出演:長濱 治[写真家]
   滝沢 伸介[NEIGHBORHOOD]
司会:野村 訓市[編集者,TRIPSTER]
ゲスト:藤原 ヒロシ[音楽プロデューサー,fragment]

ファッションやサブカルの発信地として、今や世界的なメッカになっている原宿。
しかし、一朝一夕でHARAJUKUカルチャーができ上がったワケではもちろんない。
人が集まり、街が形成され、ムーブメントが席巻し、流行の盛衰があり、人が去り、また戻り......
そんな時代と趨勢を乗り越えてこそ、我々が今体験している同地は形成されていったのだ。

本書でディレクションを務めたブランド、NEIGHBORHOOODが生まれた90年代(1994年)を起点に、
"原宿"の過去、現在、未来をクロストーク。

目黒にいながらグアムな気分。

楽しい体験をした。
良いお店だ。
確信犯なのかな、。ぶっきら棒、?

さて、なんかおかしいよ、、と。
スクリーンショット 2014-07-17 13.44.18.png

スクリーンショット 2014-07-17 13.44.39.png

ん?

字詰め!
スクリーンショット 2014-07-17 13.44.51.png

パンケー!。
スクリーンショット 2014-07-17 13.46.54.png

進化系が、
スクリーンショット 2014-07-17 13.47.02.png

パンケーには、こちらのお飲物と。
スクリーンショット 2014-07-17 13.46.03.png

季節のバーニャ牛
スクリーンショット 2014-07-17 13.45.18.png

チーズにちょっと弱いみたい。
スクリーンショット 2014-07-17 13.46.45.png

スクリーンショット 2014-07-17 13.47.39.png

スクリーンショット 2014-07-17 13.47.50.png

メロン。これは2個分なのか、、。
スクリーンショット 2014-07-17 13.46.34.png

そして、冷たいお飲物は、
狩野英孝がはこびます。
スクリーンショット 2014-07-17 13.45.08.png