.fatale

Blog

“面白がり屋”のブロガーたちが、今日も「つれづれなるままに……」。

blogger photo

blogger name

PROFILE

藤原ヒロシ

CALENDAR

live 東京

9月です。
そして、東京でのライブです。
5日。代々木ヴィレッジにて。
そして、その次の日、6日は八甲田です。
よろしくお願いします。

7aefffee5f937d980998945dab0fa315.jpg

STUSSY PRESENTS INO hidefumi×hiroshi FUJIWARA CAFE TOUR 2014

2014.09.05 (fri) Cafe Tour Tokyo at 代々木VILLAGE Music BAR
[ 東京都渋谷区代々木1-28-9 ]
開場 20:00 開演 21:00
前売 エリアA (シート席) 5,000円 (ウエルカムドリンク付) | エリアB (シート席) 4,000円 (ウエルカムドリンク付)
取扱店舗
STUSSY HARAJUKU CHAPT ※エリアBのみ
プレイガイド:チケットぴあ [P-code: 238-955] SOLD OUT

2014.09.06 (sat) Cafe Tour Hakkoda at 八甲田ガレージ
[ 青森県青森市荒川寒水沢1-61 八甲田山荘ウッドデッキステージ ]
開場 17:00 開演 18:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル映画券共通)
お問い合わせ&チケット予約 :
[ 八甲田ガレージ実行委員会 ] 017-718-2084
プレイガイド:ローソンチケット [ Lコード 27661 ]

遠い記憶:きんとび

小学生の頃、何度も行った場所。
通称ニャロメの塔の上から眺める伊勢の街は最高だ。
この塔が何のために作られたのか、誰が作ったのか。僕は詳しく知らない。
今となっては、そんな事知らなくても良い。
これが今も存在してる事に感謝。

この山の中に、僕の知る限り二つの防空壕が存在する。存在した。
一つは当時から木の枠で塞がれていて、覗く事は出来ても入る事は出来なかった。
そして、もう一つ。山道からはずれた、山の中。
多分、埋められていた防空壕だと思うけど、子供なら入れるくらいの穴が空いていた。
その穴を発見した時は、凄く興奮した。
次の日かな、懐中電灯持参でその穴に吸い込まれて行った。
入ったとたんに天井から大量の"なにか"が落ちて来た。
「かまどうま」
今なら気持ち悪くて発狂しそうだけど、当時は全然大丈夫だったんでしょうね、。
奥に進むと、かなり広い。いくつも部屋があった。その奥でコーモリを捕まえ、
友達の家の押し入れで飼ってみたんですが、すぐに死んでしまった。
ところで、親や先生からは防空壕には絶対に入っては行けない、と強く言われてた。
それだけ、伊勢には防空壕が多かったんだろう。
でも、やっぱり目の前にぽっかり穴が開いてたら入っちゃうよね、、。子供だし。
入っちゃ行けない理由ってなんだろう?単純に土砂崩れとか、、?
それより、なんかもっと恐い理由があるのか。オカルト的な恐さとか?
そんな防空壕も、もう全然ない。全部記憶の中にだけ存在する。

ニャロメの塔の中のはしごを上ってる時、いろんな記憶が蘇った。
塔の上から伊勢の街を眺めて、下に降りる時には、その記憶は薄れてく。
まあいいや、又、いつか、この塔に上れば、いろんな記憶が蘇るだろう。

IMG_9182.jpg

IMG_9183.jpg

IMG_9194.jpg

PSH

好きな役者の最後の作品。

良い映画だった。
ずっと続く緊張感。もっとずっと続いて欲しかった。
もうこの緊張感を出す人はいないのか。
R.I.P.