.fatale

Blog

“面白がり屋”のブロガーたちが、今日も「つれづれなるままに……」。

blogger photo

blogger name

PROFILE

小島 聖/女優

多彩な役をこなす演技力と存在感で、映画・舞台・ドラマなど幅広く活躍中。

http://www.flyingbox.co.jp/

photo: Kasane Nogawa

CALENDAR

受け入れる、ということ

もう随分前に人の手に渡り
いまでは全く関係のない土地と家
昔おじいちゃんとおばあちゃんの場所だった
それでも通るたびにそこにそのままの形で
在る事が心の拠り所だった
木造の弱々しい家
重機のひと振りで簡単に崩されていくのを偶然通り過がり目にしてしまった
すこし泣けてきた
小さな小さな空間
それでもおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、弟、親戚
畳で丸いちゃぶ台を囲んで鉄釜で炊いたご飯を食べた記憶
いろんな時間を過ごした記憶
そんな日
川内倫子さんの写真展へ
熊本市現代美術館で展示したシリーズ
川が私を受け入れてくれた
の写真が好きだった
熊本の人たちの声を聴いて反響しあいながら生まれたという作品
奇しくも地震後にこの写真と切り取られたような1行の言葉をゆっくり眺めていると
どうしようもなく心がざわつく
大好きな人が熊本に住んでいる縁で訪れる機会の多かった土地
人為的に壊され崩されてしまった家とは訳が違う自然の出来事
受け止めるには、受け入れるには時間が必要だろう
熊本の写真を見ながらこんなにキラキラした時間が少しずつ戻る事を願った
土地も人間も生命力は計り知れない

IMG_4880.jpg

Cy Twombly Photographs

IMG_4871.jpg


still life
ベルント・フリーベリ
日常の視点
モランディ
マルメロの陽光
定点観測

枯れた色
ルイジ・ギッリ
劇団子供鉅人の真夜中の虹
ノスタルジー
古いものの手触り
長江哀歌

脈絡はない
でもわたしの中でつながって
つながった

劇団子供鉅人/真夜中の虹

正直、大阪弁が苦手だ。
耳へ届く音として、強くて怯んでしまう。
でも今回の1時間30分
ずーっと大阪弁なのにやさしく心地いい
むしろくすぐったくなるくらい大阪弁のニュアンスが可愛らしくさえある
物語が直線ではなくて螺旋状につながっていく
ますます彼らの芝居が好きになった

角刈りだった
というセリフが
最近の私のキーワード、角刈り

http://www.kodomokyojin.com/midniji/


IMG_4732 (1).jpg

山河ノスタルジア

IMG_1323.jpg

最近、ジャ・ジャンクー映画が私の中の流行りです

中国のエネルギーの大きなうねりが印象的で
ちょっとおかしくもあり
可能性を求め、同時に失うものもある物語

未来のシーン2025年の年上の女性の先生と生徒(主人公の息子)の会話が今演じている私の役と重なって...

まったくの余談ですが
ここのところずっと角刈りが私の中で流行りで(菅原文太さんの昔の映画を見ていたら)
なのでこの映画の中でも角刈りちっくな人物を見つけて思わず笑ってしまいました
ふふふ

あとこれまたまったく関係ないですが
百円の恋を観ながら、新井浩文さん、角刈り似合いそうだな〜って。